スポンサーリンク

「いだてん」ピエール瀧演じる足袋の播磨屋店主黒坂辛作とは


「いだてん」足袋の播磨屋店主黒坂辛作とは



播磨屋(ハリマヤ)は東京・大塚の足袋屋。

店舗は金栗四三(役 中村勘九郎)が通っていた東京高等師範学校(現・筑波大学)の裏側にありました。

四三が播磨屋の足袋を履いて長距離走で優勝しましたが、途中で足袋はボロボロになり、ゴールした時は素足でした。

これをきっかけに、黒坂辛作はマラソン用の足袋開発を始めます。

そうしてできたのが「マラソン足袋」です。

この裏底に二重、三重に厚い布を付けた特製品の「マラソン足袋」を履いてストックホルムオリンピックに出場するのですが、

日本よりも固いストックホルムの舗装路にはクッションが足りず膝を痛める結果に。

黒坂は足袋の改良に取り組み、外国選手が履くゴムを底に付けたシューズを参考にしてゴム底の足袋が生まれました。

足首の動きをスムーズにするため足首まである深い足袋から浅い形に変え、ゴム底の改良も重ねました。

金栗が履いて走り、ハリマヤが改良することで、マラソン足袋は進化していき、1919年には「金栗足袋」として商標登録され発売されました。

金栗は、オリンピック・アントワープ大会や第8回のパリ大会など、現役時代には金栗足袋を履いて走りました。

戦後、ハリマヤは靴型のマラソンシューズを開発し、1953年ボストンマラソンではその靴を履いて走った山田敬蔵選手が優勝という偉業を成し遂げました。

金栗四三とハリマヤが二人三脚で作ったシューズは、多くのランナーに愛用されました。



「いだてん」で黒坂辛作を演じるのはピエール瀧



頑固一徹の職人かたぎで、足袋は和服で畳の上で履く物と思っていたが、概念を覆す四三の足袋の注文に応じるきっぷの良さを持つ人物です。

TBSドラマ陸王の「こはぜ屋」はこの「ハリマヤ」をモデルにしています。

ピエール瀧さんはこのこはぜ屋を敵対するアトランティスの社員を演じていました。

ちなみにこはぜ屋の社長は役所広司さんでしたから、不思議な感じがしますよね。