スポンサーリンク

大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』 第1話あらすじ・ネタバレ


大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』
第1話あらすじ・ネタバレ



1959年

五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。

その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。


明治24年(1909)

若き日の志ん生、美濃部孝蔵(森山未來)は貧乏暮らしをし、仲間の遊女、小梅(橋本愛)にしっかりしろと尻をたたかれていた。

その日、孝蔵と親しい車夫の清さん(峯田和伸)は立派なひげをたくわえた紳士を車に乗せた。

柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)だった。

治五郎はフランス大使館にむかっていた。

フランス大使ジェラールと面会し、三年後のストックホルムオリンピックに日本も参加するようにと要請された。

だが、まだスポーツという言葉すら知られていない時代。

校長を務める東京高等師範学校の教授永井道明(杉本哲太)に話しても理解は得られなかった。

文部省からも国費での参加を断られ、悪戦苦闘。


その後、治五郎は可児とともに、横浜正金銀行頭取の三島弥太郎(小澤征悦)邸でのパーティーに出席。

大隈重信(平泉成)相手に、日本のオリンピック参加の意義を訴えた。

大熊は三島弥太郎に稚児楼を紹介し、オリンピック賛歌資金の援助を頼もうとするが、治五郎はすでに横浜正金銀行から弘文学院という学校設立のため借金をしていました。

そんな話をしていると

「危ないっ」と三島家の女中シマ(杉咲花)が叫び、野球のボールを追って弥太郎の弟弥彦(生田斗真)が可児にぶつかり、その拍子に花瓶が割れて治五郎はびしょびしょになった。

しかし、弥彦は笑っており「天狗倶楽部」というスポーツ同好会の仲間も集まってきた。

押川春浪(武井壮)、中沢臨川(近藤公園)、吉岡信敬(満島真之介)、そして三島弥彦ら有名大学のエリートが名を連ねていた。

弥彦達はビールを飲んで大騒ぎし、治五郎がオリンピック参加を目指していると、はしゃいで胴上げした。

明治43年(1910)治五郎はアジア初のIOC委員となった。

治五郎は、数々の短距離走の競技会で優勝している弥彦にオリンピック出場を勧め、日本体育協会の協力は求めずに、新たな団体を設立しようと考えた。

治五郎は大日本体育協会を設立し、天狗倶楽部のメンバーと話し合って、オリンピック選手の選抜予選会を開こうと決める。

競技は、100,200,400mとマラソン。

多額の費用は、弥彦が兄に用立てさせると言っていたが、断られてしまい、治五郎は自宅を低当に入れて、さらなる借金を抱えてしまった。


1911年11月

羽田運動場でオリンピックに向けた国内予選会が行われた。

マラソンには車夫の清さんも、学生のふりをして紛れ込んでいた。

マラソンレースが始まると、雨が振り始め、やがてどしゃぶりとなり過酷なレースとなった。

豪雨の中トップ走者の人影が見えた。

「見ろ、彼こそ韋駄天だ!」

東京高等師範学校の生徒、金栗四三(中村勘九郎)だった。

治五郎は時計を確認して驚愕した。

「二時間三十二分」

なんと、金栗は当時の世界記録を27分も更新したのです。