netabare

スポンサーリンク
いだてん

「いだてん」もう一人の主人公田畑政治の人生年表

大河ドラマ「いだてん」のもうひとりの主人公阿部サダヲ演じる田畑政治の人生年表をまとめました。 田畑政治読み方は「タバタマサジ」と読みます。 田畑政治 明治31年(1898) 静岡県浜松市に生まれる 大正13...
いだてん

「いだてん」主人公金栗四三ってどんな人?マラソンの父金栗四三の生い立ちをまとめました

金栗四三の生い立ち 明治24年(1891)熊本県に生まれ、小学校の頃は往復12kmの距離を毎日走って通学。 東京高等師範学校(現在の筑波大学)に進学し。 校長の嘉納治五郎は、全生徒にスポーツを推奨しました。 校内...
まんぷく

チキンラーメン開発秘話④ 安藤家総出でチキンラーメンの試作品作り

チキンラーメン開発秘話④ 安藤家総出でチキンラーメンの試作品作り 昭和33年(1958)春 即席麺は、完成に近づき、ラーメンを試作する段階になっていました。 しかし、百福に足りないものが2つありました。 1つはお...
まんぷく

チキンラーメン開発秘話③ チキンラーメンを作った理由 なぜ豚や牛でなくて鶏ガラスープだったの?

チキンラーメン開発秘話③ チキンラーメンを作った理由 なぜ豚や牛でなくて鶏ガラスープだったの? スープの味をチキンにしたのは、エピソードがあります。 安藤家では庭でニワトリを飼っていて、時々料理していました。 ある日、...
まんぷく

チキンラーメン開発秘話② 保存がきいて、簡単に食べれるようにするには

チキンラーメン開発秘話② 保存がきいて、簡単に食べれるようにするには 即席麺の研究は全く0からの状態で手探りではじめました。 1美味しくて飽きが来ない味にする 2家庭の台所に常備できる保存性のあるものにする 3調理に手間...
まんぷく

チキンラーメン開発秘話① 47歳にして無一文になった安藤百福、即席麺の開発に取りかかる

チキンラーメン開発秘話① 47歳にして無一文になった安藤百福、即席麺の開発に取りかかる 昭和32年(1957)百福は、理事長をしていた信用組合が破綻し、47歳にして無一文になってしまいました。 池田家の借家は閑散とし、仕事が...
まんぷく

まんぷく萬平のモデル安藤百福信用組合の理事長になるも破綻、その原因とは・・・

まんぷく萬平のモデル安藤百福信用組合の理事長になるも破綻、その原因とは・・・ 昭和26年(1951) 百福41歳の時、新しい仕事に着手します。 でも、それは百福が心からやりたいと思っていた仕事ではありませんでした。 ...
いだてん

「いだてん」シャーロット・ケイト・フォックス演じる大森兵蔵の妻大森安仁子とは

「いだてん」シャーロット・ケイト・フォックス演じる大森兵蔵の妻大森安仁子とは 1956/12/7(安政3)~1941.8.4(昭和16) 大森兵蔵の妻アニー・シェプレー(日本名 大森安仁子)は、アメリカ出身。 アメリカ留学...
いだてん

「いだてん」生田斗真演じる三島弥彦とは

「いだてん」生田斗真演じる三島弥彦とは 三島 弥彦(みしま やひこ) 1886年(明治19年)2月23日 - 1954年(昭和29年)2月1日 明治期の陸上選手。 日本初のオリンピック代表選手として金栗四三ととも...
いだてん

「いだてん」ピエール瀧演じる足袋の播磨屋店主黒坂辛作とは

「いだてん」足袋の播磨屋店主黒坂辛作とは 播磨屋(ハリマヤ)は東京・大塚の足袋屋。 店舗は金栗四三(役 中村勘九郎)が通っていた東京高等師範学校(現・筑波大学)の裏側にありました。 四三が播磨屋の足袋を履いて長距離走で...
スポンサーリンク